京都 豊胸 脂肪幹細胞

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ美容外科豊胸術(脂肪注入法)

京都 豊胸 脂肪幹細胞

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症 EDと早漏 雑談

北尾クリニック

当クリニックの特徴(豊胸:脂肪注入法)
乳房:単に脂肪を入れればよいものではありません。一部のクリニックでは入れる部位があやふやなために、しころがおこり、さらに変形をきたしています。当クリニックでは、脂肪幹細胞を壊すことなく、まんべんなく脂肪を注入しています。また、傷が分かりにくいように、あえてから注入します。

吸引部位:吸引は彫刻と心得ています。単に取るだけではなく、
骨や筋肉の形に合った吸引を心がけています。また、せっかくスリムになった場所ですからボディーラインを綺麗に保ってほしいものです。できるだけ快適なサポーターを長く使っていただくために、Medical Slimのサポーターを無料でお使いいただきます。

部分やせと豊胸を同時に(脂肪注入法)
現在流行の豊胸法です。豊かなバストは女性の憧れですね。

豊胸術の代表といえばシリコンバッグですので、まずはバッグ法をお勧めしますが、ご自分の組織を希望される場合には脂肪注入を使います。

脂肪注入法による豊胸手術は、豊富な脂肪吸引の技術を応用し、
太ももやお腹など気になる部分の部分やせと同時に、吸引した自分の脂肪を用いてバストアップします。

当院では、患者様それぞれの胸のサイズを計測し、より細やかな手術をおこないます。

多くのかたに一石二鳥で良かったと喜んでいただいております。
豊胸術(バッグ法)はこちら

麻酔の方法について
局所麻酔と静脈麻酔を併用します。静脈麻酔で眠った状態で局所麻酔を行いますので、手術後も痛みを最小限にすることができます。静脈麻酔は最小限度の麻酔深度ですので、手術後少し休んでいただいた後お帰りになれます。

手術後の経過と注意点
乳房:注入された脂肪は毛細血管から栄養をもらい、その部位の組織として生着します。約1カ月で安定し、生着しなかった脂肪は自然に吸収されます。脂肪の生着率を高めるため手術後2週間はバストを強く触ったり、激しいスポーツをひかえましょう。

吸引部位:手術後のむくみを最小限にするため、手術後3日間は手術部位を圧迫固定します。その後、サポーターを着用します。シャワーは固定が外れたら可能です。

お費用(診察料・消費税・静脈麻酔料込み)
216,000円プラス脂肪吸引代   (脂肪吸引はこちら)
当院では、インフォームドコンセント(手術に対する十分な説明と同意)に基づき、事前に十分な情報提供を心掛けています。この施術は、病気に対して行われる手術ではなく、美容目的で行われる手術ですので、手術の限界や経過の個人差などを含め、医療の特性を十分理解し、自らの意志で選択することを、手術を申し込む前にもう一度確認して下さい。糸を使用する場合糸が残ることがございます。ちくちくした感じがありましたら再診にお越しください。色素沈着など傷の色は徐々におさまってきますが、近くで見ると若干分かる場合もあります。まれに違和感・感染・血腫・皮膚の壊死・皮膚のよれ・ひきつれなどを起こす事があります。赤みや痛みが強かったり、腫れが出てくるような場合は早めにご連絡下さい。経過や効果には個人差があり、若干の左右差の可能性があります。妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談下さい。


Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]