京都 プチ豊胸 ハイアコープ

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ美容外科豊胸術(ハイアコープ)

京都 プチ豊胸 ハイアコープ

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症 EDと早漏 雑談

北尾クリニック

ハイアコープ・ヒアルロン酸注入法(プチ豊胸術)
 豊胸術の代表といえばシリコンバッグと脂肪注入ですが、どちらも抵抗があるという方にはプチ豊胸が最適です。
 当院の
ハイアコープ・ヒアルロン酸注入法はメスを使わないバストアップ法で、注入後の感触や見た目が自然です。当院の特徴は、特殊な方法で放射状に注入するため、仕上がりが自然になります。

 ハイアコープは身体のシルエットを整えるためのドイツ製ヒアルロン酸で、
胸・おしりなどのボリュームアップに有効です。
 ヒアルロン酸はもともと体内に含まれている成分のため安全性が高く、アレルギーの心配がほとんどありません。
 片方100mlで1カップ強のバストアップが可能です。片方100cc以上注入したい場合は2回くらいに分けることをお勧めしています。
 持続期間は約2年程度です(※個人差があります)。もちろん将来の出産・授乳に影響はありません。
豊胸術(バッグ法)はこちら

麻酔の方法について
局所麻酔と静脈麻酔を併用します。静脈麻酔で眠った状態で局所麻酔を行いますので手術後の痛みは軽度です。手術時間が数十分と短いため最小限度の麻酔深度が可能で、手術後は早くお帰りになれます。

手術後の経過と注意点
手術後の腫れは軽度です。シャワーは翌日から、入浴は1週間後から可能となります。ハイアコープは約1か月で固定しますので、その間は激しい運動やうつぶせ寝を避け、ソフトブラをお勧めしています。

HYACORP(ハイアコープ)の特性
. いままではプチ整形の代名詞と言えばサブQでしたが硬くて不自然でした。そのため、より軟らかく自然なヒアルロン酸が求められ、その結果、最新のハイアコープが誕生しました。ハイアコープは粒子が大きく粘度が高く体内で分解されにくい特徴があります。圧力を加えると流動性が増して細い針を通過しやすくなり、しばらくすると本来の粘度に戻る(チキソトロピー技術)ためスムーズな注入が可能となりました。このため注入時間が短縮され、患者様への身体の負担が軽減されました。また、医療基準であるCEの承認を取得しており、信頼性の高い安全なヒアルロン酸といえます。けっして安価ではありませんが、バッグや脂肪注入に抵抗のある方には最適の方法です。

お費用(診察料・消費税・静脈麻酔料込み)
10mlあたり20,000円
当院では、インフォームドコンセント(手術に対する十分な説明と同意)に基づき、事前に十分な情報提供を心掛けています。この施術は、病気に対して行われる手術ではなく、美容目的で行われる手術ですので、手術の限界や経過の個人差などを含め、医療の特性を十分理解し、自らの意志で選択することを、手術を申し込む前にもう一度確認して下さい。糸を使用する場合糸が残ることがございます。ちくちくした感じがありましたら再診にお越しください。色素沈着など傷の色は徐々におさまってきますが、近くで見ると若干分かる場合もあります。まれに違和感・感染・血腫・皮膚の壊死・皮膚のよれ・ひきつれなどを起こす事があります。赤みや痛みが強かったり、腫れが出てくるような場合は早めにご連絡下さい。経過や効果には個人差があり、若干の左右差の可能性があります。妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談下さい。


Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]