京都 パントガール おぐし はげ手術

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ女性型脱毛症パントガール・おぐしとはげ手術

京都 パントガール おぐし Ogshi

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 皮膚科 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症  女性型脱毛症 EDと早漏 雑談と医療相談

北尾クリニック
パントガール・おぐし と はげ手術
育毛メソはこちら
パントガール(Pantogar)は、女性の脱毛症での発毛を促す飲み薬として、世界で初めて効果と安全性が認められたお薬です。これまで薄毛治療の飲み薬は男性対象だけで、女性対象のものはありませんでしたので、画期的なお薬といえます。さらに日本人によりおぐし(Ogshi)が開発されました。おぐしはパントガールと組成は似ています。どちらが濃いという事はありませんが若干配合が異なります。当院ではスコープによる頭皮チェックを行いながらの投与計画を行い、皆様から好評を得て流用者数が増えてきております。また、頭皮への注入法を併用されるかたもおられます。
女性型脱毛症「びまん性脱毛症」の内服薬パントガールおぐし
女性の薄毛のおもな原因は、ヘアケア商品による頭皮トラブル、ホルモンバランスの変化、ストレス、頭皮の菌バランスなど、様々な要因が重なり合って起こります。そのため男性型脱毛症と異なり、総合的に治療しなければなりません。パントガールやおぐしに含まれる、抜け毛予防・発毛促進に必要な成分を供給することにより、びまん性脱毛症の治療が可能です。通常は先発品であるパントガールをしばらく使用し、効果があれば続行、効果が弱ければおぐしに切り替えるのがお勧めです。もちろん、初めからおぐしのご希望あるかたにもお渡しいたします。

当院では、3ヵ月間の使用で70%の方の抜け毛が減少し、20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善しています。これまで副作用の報告がないため、長期にご使用いただけます。
<有効成分>
ビタミンB群
  糖代謝により毛髪のエネルギーを産生します。
パントテン酸
  毛髪構成成分の合成を促進するとともに副腎
  機能を助けてストレスに対応します。
L-シスチン
  毛髪をつくる主要成分です。
ケラチン
  毛髪の角質のためのたんぱく質です。
パラアミノ安息香酸
  毛髪の色を濃くする作用があります。
など

医薬品製造販売承認取得者(MAH)
ドイツのMerz Pharmaceuticals
製造業者 スイスのCIMEX社


1日3カプセル(朝・昼・夕に1カプセルずつ)
熱すると効果が落ちますので低温か常温の水でお飲みください。
毛髪の成長は月に約1pです。効果を実感するために最低でも3ヶ月の服用をお勧めします。

どちらも1か月分 90カプセル 10200円(診察料・消費税込み)

日常生活で大切な事
髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種、そしてミネラルがケラチンの合成を促進します。したがって、タンパク質を多く含む肉類、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などを積極的にとることが大切です。また、過度なストレスや睡眠不足にも注意しましょう。また間違ったシャンプー法をしている方がおられます。頭皮にあまり力を入れてこすらないこと、シャンプーが残らないようにすすぐことが大切です。

はげ手術(禿頭形成手術)
手術により、はげの部分を切り取ります。希望の方には静脈麻酔をしますが、通常は局所麻酔で大丈夫です。狭い範囲ですと、一回で終了しますが、大きな場合は、半年ごとに数回手術が必要となります。無理に大量に切除縫合するとかえってはげが目立ちます。頭部の切除方法と縫合方法には特殊な頭部形成外科テクニックが必要です。通常の手術ですとはげが小さくなりません。回数や手術方法は診察時にお話しします。お気軽にご相談ください。

お費用
1回 220000円(税込)
静脈麻酔の場合は、プラス22000円
約3日後に患部の確認のためにお越しください。抜糸は1-2週間後に行います。大変細かいため糸が残ることがございます。ちくちくした感じがありましたら再診にお越しください。色素沈着など傷の色は徐々におさまってきますが、近くで見ると若干分かる場合もあります。まれに違和感・感染・血腫・皮膚の壊死・皮膚のよれ・ひきつれなどを起こす事があります。赤みや痛みが強かったり、腫れが出てくるような場合は早めにご連絡下さい。経過や効果には個人差があり、若干の左右差の可能性があります。妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談下さい。

Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]