京都 肺炎球菌ワクチン

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップ内科肺炎球菌ワクチン

京都 肺炎球菌 ワクチン

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症 EDと早漏 雑談

北尾クリニック
肺炎球菌ワクチン
肺炎でなくなる方の90%以上が65歳以上であることでも分かるように、肺炎は高齢者にとって怖い病気です。特に心臓病、呼吸器疾患、肝・腎機能障害、糖尿病などのある方は治療が間に合わないことがあり、肺炎にかかってから治療するより、かかる前に肺炎球菌ワクチンで予防することが大切です。
肺炎球菌ワクチンとは
肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するワクチンです。肺炎球菌にもいろいろな型があり、肺炎球菌ワクチンは23種類の型に有効です。すなわち、肺炎球菌による感染症の約80%に効果が期待されます。通常、
1回の接種で10年ほど免疫が持続すると言われています。また、ワクチンを接種することで、万が一肺炎にかかっても軽い症状で済む効果が期待されます。

注意
接種時期は季節に関係なく、いつでも可能です。接種後、免疫ができるまで平均1ヶ月程度かかります。
1回の接種で10年前後効果が持続しますので、再接種は5年以上できません。肺炎球菌ワクチンの接種が終わりましたら、お渡しする接種済のシールを健康手帳に貼るなどして接種したことを忘れないようにしましょう。

肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの関係
インフルエンザにかかると肺炎を併発する可能性が高いため、両方のワクチンを接種することをお勧めします。両方のワクチンは1週間以上あけて接種します。

お費用
自費診療 7560円(診察料、税込み)高齢者助成あり

よくある質問
Q1:副作用はありますか?
A1:重篤な副作用は極めてまれです。まれに注射部位のかゆみ、腫れ、微熱などが見られますが、多くは1〜3日で消失します。初回接種はインフルエンザの予防接種と同じくらい安全と考えています。

Q2:
海外での接種状況はどうなっているのでしょう?
A2:
世界保健機関(WHO)が肺炎球菌ワクチンの接種を推奨していることもあり、アメリカでは65歳以上の高齢者の半分以上が接種しています。

Q3:
具体的にはどのように申し込んだらいいのですか?
A3:在庫があれば、問診後すぐに接種いたします。在庫確認のため、あらかじめ電話で確認していただければ確実です。

Q4:
どうして5年間以上有効なのですか?
A4:効果持続が長いのはポリオや天然痘と同様に、生ワクチンによる強い免疫法(細胞免疫)を使用しているからです。いっぽう、インフルエンザ・ワクチンは不活化ワクチン(液性免疫)のため有効期間が短いのです。


Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]