京都 中京 ぜんそく

 北尾クリニック 内科 アレルギー科 形成外科

トップアレルギー科ぜんそく

京都 中京 ぜんそく

トップ 診療時間・地図 クリニック紹介 内科 アレルギー科
形成外科 美容外科 アンチエージングとプラセンタ 美肌 肥満
レーザー 超高濃度ビタミンC点滴 緊急避妊薬と生理周期変更 ファミリー リンク
初診の方へ 運動療法と太極拳 男性型脱毛症 EDと早漏 雑談

北尾クリニック

気管支喘息ぜんそく
アレルギーとは、通常左右されないレベルの刺激で、体に過剰な反応の出ることと言えます。現代は便利になった反面、その産物としてたくさんの環境物質にあふれています。そのためか、年々アレルギーに苦しまれている患者様が増加しているようです。代表的なアレルギー疾患に、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎気管支喘息などがあります。
気管支喘息とは
原因となる抗原が呼吸により気管支でアレルギーを起こし、気管支が痙攣して一時的に細くなる病気です。軽いものから死に至るような重症なものもあり注意が必要です。

原因
抗原の代表はハウスダストやダニです。動物、植物、カビなどが原因となることもあります。喫煙はぜんそくにとっても有害なため、たばこの煙を吸わないようにしましょう。

症状
普段は何の症状もありませんが、何かのきっかけで急に息切れ、喘鳴(ゼーゼーという音)、せき、動悸(ドキドキする)などの症状が出現します。一般的に起こりやすいのは明けがたです。また、季節の変わりめ、花粉の時期、温度変化が急激に生じた時、粉じんを吸入した時、高度なストレスがかかった時などです。

診断
胸部X線検査、呼吸機能検査、アトピー素因検査、たんや血液中の好酸球を調べる検査などをおこないます。

治療
基本は炎症を抑えることです。最近の主流では
ステロイド薬の吸入を継続しておこないます。吸入薬なので通常の量を使用している場合は問題ありません。場合により、抗アレルギー薬などを使用します。発作時には、気管支拡張薬を吸入します。気管支アレルギーは再発しやすいため、自分の判断で中止せず、必ず医師と相談しながら減量しましょう。また、発作改善薬としてプラセンタを利用されるのも効果的です。

日常生活での注意点
ぜんそくは自己管理が極めて重要な病気です。まずお部屋を掃除しましょう。ぜんそくを誘発させるダニを駆除するのが目的です。そばなどの食事によるぜんそくでは、原因が特定されている場合は摂取しないようにしましょう。また、アスピリンのような鎮痛解熱薬で重い発作が起こることがあり、使用する場合は医師に相談したうえで十分に注意してください。寝不足やストレスも要因となりますので、規則正しい生活を心がけましょう。

ダニ・カビを退治する掃除のポイント
○ 床をゆっくり、ていねいに電気掃除機でかける
○ 家具や棚の上を濡れぞうきんで拭く
○ エアコン、空気清浄機のフィルターを水洗いする
○ 晴れた日にふとんを天日干し、枕カバーやシーツは毎週洗濯する
○ 畳を年に2回干す


Copyright (C)  All Rights Reserved  

[PR]